季節のたより

11月3日、当社(吉原食糧株式会社)敷地内にて、「さぬきうどんタイムカプセル⑨」を開催いたしました。
晴天に恵まれ、たくさんのお客様にご来場いただきました。

「さぬきうどんタイムカプセル」とは、「食べて知る、さぬきうどんの歴史と未来」の基本テーマに、昔と近未来想定のうどんの違いを実際に食べ比べ味わって、香川県産小麦とさぬきうどんの歴史と未来を感じて頂きたいという趣旨のもと、毎年11月3日(文化の日)に開催しているイベントです。
なんと、今年で9回目になります!



今年は、"頑張る日本の小麦"の魅力を広く知って頂くため、「チャレンジ!日本の小麦の新しい魅力」がテーマです。
大正12年のうどんは、当時の水車製粉の大福帳の記録の歩留に基づき、同じように石臼で挽いた「復元小麦粉(レプリカ小麦粉)」を使うことで大正時代のうどんを再現。小麦は、香川県産小麦「さぬきの夢」。
対して近未来のうどんは、日本の小麦の新しい魅力を引き出し、さらにおいしいうどんを目指して「オール日本小麦のうどん」を作りました。
香川県産をメインに、北海道産と愛媛県産の小麦のおいしさ(品種特性)を融合したうどんです。
当日お越しいただいた皆様、ありがとうございました!



ボサノバ・デュオ フェリアード様の生ライブや、集まれさぬきキッズ!勝ち抜き小麦クイズ大会など、イベント盛りだくさんでお送りした「さぬきうどんタイムカプセル⑨」、たくさんの皆様にお越しいただき、大盛況となりました!
来年はいよいよ10回目!地域の皆様にもっと楽しんでいただけるイベントにしていきます!


季節のたよりの記事一覧