スウィートポリフェ

最近、よく「ポリフェノール」や「抗酸化性」という言葉を耳にします。
健康に良い、と言われていますが、具体的にどのような成分なのか、詳しく見てみましょう。


ポリフェノールとは


「ポリフェノール(polyphenol)」とは、植物がいろいろな弊害を引き起こす”活性酸素”から自分を守るために作りだす「抗酸化性物質」の総称です。日光を浴び紫外線による酸化ダメージから自らを守るため葉や表皮の細胞や、子孫をつないでいくための種子により多く含まれています。
代表的なものに、緑茶のカテキン、大豆のイソフラボン、柿のタンニン、コーヒーのクロロゲン酸、ブドウのアントシアニン等があります。 特に、ワインやコーヒーにポリフェノールが多く含まれていることはよく知られています。ブドウの皮やコーヒー豆に多く含まれているということです。ポリフェノールを多く含む食物の特長として、渋味や苦味が強いもの、色が濃いものがあげられ、果実や豆の皮の部分により多く含まれています。

昔から人は、果実や豆を皮ごと食べたり、ある程度皮が混じった状態で食べるなど、毎日の食生活の中で自然にポリフェノールや食物繊維を豊富に摂取していました。 しかし現代の食生活では、それらの種皮を取り除いて、硬さや苦味や雑味を避け、中から取り出した純粋なものを食べることが多くなっています。


ポリフェノールが体に良い理由


では何故、ポリフェノールが人の健康や美容に良いと言われるのでしょうか。「 活性酸素」と「抗酸化性物質(ポリフェノール)」について確認してみましょう。

呼吸によって肺から取り込まれて組織に運ばれた酸素は、細胞の中で成長や生存するためのエネルギーを作るのに利用されますが、その過程で酸素の一部が不安定な電子位置をもつ「活性酸素」に変化します。植物や人間の体内で発生する「活性酸素」は他の物質と反応して安定になろうと、激しく動き回り、細胞やたんぱく質・脂質・遺伝子(DNA)の損傷・酸化を進めてしまいます。

例1)核酸(DNA)を酸化させ、正常な細胞をガン細胞へと変化させる
例2)酸化したLDLコレステロールが血管内に付着し、動脈硬化などの原因となる
例3)皮膚内のコラーゲンを破壊し、シワやたるみ等の皮膚の老化をまねく

そのような活性酸素の働きを抑制する作用を持った成分が「抗酸化性物質」。活性酸素は生体内の様々な物質と結びつき悪影響を与えますが、「抗酸化性物質」は自らが活性酸素に結びつくことで、酸化を防ぎます。そこで高い抗酸化性をもつポリフェノールが注目され、最近は健康食品にもよく利用されています。


小麦の抗酸化性


当社の研究開発で抗酸化成分の一つであるポリフェノールが、小麦にも多く含まれていることが明らかになりました。この小麦ポリフェノールを多く挽き込んだ小麦粉が、ぎゅっとポリフェです。

そしてその後の研究において小麦の胚芽に着目。研究を継続し、小麦を段階ごとに分けて分析した結果、胚芽にポリフェノールと抗酸化性アミノ酸「トリプトファン」が集中して含有されることを確認しました。そしてこの小麦胚芽を美味しく仕上げるため、特殊な粉砕加工等により、甘くコクのある粉体に仕上げた製品がスウィートポリフェ®なのです。

もっと詳しく >>> 小麦と健康「抗酸化性物質「ポリフェノール」とは?


スウィートポリフェの記事一覧