日本人の食と健康を知る旅

グルテンフリーは小麦アレルギーやグルテン不耐症の患者を守るための食品。
ダイエット(減量)への効果は科学的に証明されていません。

グルテンフリーとは

「グルテンフリー」とは”グルテン”を含む食品、つまり小麦を原料とする食品の摂取を制限する食事法。注目のきっかけは海外の有名スポーツ選手や有名モデルが実践し、体質改善の効果が現れたことでした。
現在、欧米ではグルテンフリーを謳うメニューや加工食品が増え、日本でも小麦の代わりに大豆などを使用したグルテンフリー食品が手に入れるようになりました。



グルテン

小麦は「グルテニン」「グリアジン」と呼ばれる2種類のタンパク質を含んでいます。これらに水を加え、こねると粘弾性のある「グルテン」が形成されます。「グルテン」はうどんでは”コシ”を生み、パンではふくらみを助けるなど、食感や外観に影響を与えるため、様々な小麦加工品を製造する上で欠かせない物質です。 グルテンを形成しない大豆やグリアジンしか含まないライ麦を使用したパンが小麦粉ほど膨らまないのはこのためです。


製粉振興会の資料より


グルテンフリー、第一の目的


患者が安心して食事をするために


みなさんは「セリアック病」をご存知でしょうか。
セリアック病患者が「グルテン」を摂取すると、本来、風邪のウイルスなどを退治するはずの自己免疫系が「グルテン」に異常反応を示し、小腸の組織を攻撃していまいます。すると小腸は炎症を起こし、腹痛や下痢、倦怠感などさまざまな症状をきたします。症状が悪化すると消化・吸収不良となり栄養をうまく体内で回せなくなります。

グルテンフリーはセリアック病患者の食事として生まれました。

小麦アレルギーとセリアック病

セリアック病は遺伝的な要因が大きいとされ、米国での患者数が多く、米国人口の約1%すなわち100人に1人がこの疾患を有しているという文献もあります。 日本ではあまり馴染みのない病名ですが、日本人にも関係しているのは小麦アレルギー。 小麦アレルギーはグルテンに加えて、そのほかのタンパク質や多糖類も原因物質となります。


疾患 原因として考えられるタンパク質
セリアック病 グルテン(グリアジン、グルテニン)
小麦アレルギー グルテン(グリアジン、グルテニン)、アルブミン、グロブリンなど

グルテンフリー食品は、小麦のグルテンだけを取り除いたものではなく、小麦そのものを使用していないものが大半です (一部例外もありますので食品表示をご確認ください)。 グルテンに過剰反応してしまうセリアック病の人も、グルテンのみならず小麦が含む様々な物質がアレルゲンとなる小麦アレルギーの人も、小麦を安心して避けることができるのが「グルテンフリー食品」といえます。

減量法となりえるか

ダイエット、日本語の罠?

「ダイエット(diet)」は日本語に訳すと食事法。したがって海外でいうところのグルテンフリーダイエットはグルテンを避ける“食事法”です。しかし日本で「ダイエット」というと減量を差す言葉としての認識が強いため、やせることを目的としていると誤解している人も多いようです。

減量法と思わずとも、健康法の一つとして効果があると認識している人も多いですが、健康な人が実践して何らかの効果があるという科学的根拠はまだ見つかっていません


体調が良くなり体重が減ったケースは、「セリアック病」やグルテン不耐症による体調不良が改善した影響ではないかと考えられます。

小麦のグルテンなどのタンパク質は、パン、麺類、ケーキ・クッキー・和菓子などのほか、唐揚・天ぷら・とんかつなどフライ食品の衣、カレーのルウやホワイトソース、ミートソースなど、小麦粉を使った食品は多種多様です。

グルテンフリーで痩せたつもりが、実はただクッキーやお菓子を控えたから…、小麦を避けたら食べられるものが極端に減った…という可能性も


グルテンフリーのデメリット


日本人に多く見られる乳糖不耐症。牛乳を飲むと腹痛になる人、いらっしゃいますね。同様に、グルテンを摂取すると消化器系に影響がでる人も一定数いるようです。 そのような方にはグルテンフリーが有効ですが、安易にグルテンフリーを行うと小麦食品をばっさり排除することになるため、栄養バランスの偏りを招きやすく、健康上のリスクもあります。自己判断で長期間継続して行うことは避け、必ず医師の指導のもと行う必要があります。

また、健康な人が実態を知らずにグルテンフリーを取り入れるとビタミンBや食物繊維が不足し、かえって太る原因となったり、別の健康被害をもたらす可能性もあります。

まとめ

 1)グルテンフリーは小麦アレルギーやグルテン不耐症の人が小麦を避けるために取り入れる食事
 2)減量や健康に対する科学的知見はない
 3)小麦は多くの食品に含まれており、様々な栄養や機能性を持つ
 4)安易に抜くことはかえって体調不良の原因となりうる

グルテンフリーを正しく理解したうえで、自分に必要かどうかを判断する必要があります。



日本人の食と健康を知る旅の記事一覧